FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新モスラキット組立について(成虫)

更新が遅くなってしまいました…

新モスラ(モスラ・レオ)キットについて塗装の質問をいただきましたので少しご紹介出来ればと思います。






◆成形・組立編◆


●触覚パーツ、指(爪)パーツは大変折れやすくなっております。お気をつけ下さい。

●指パーツはドライヤーや湯煎などで温めることで開いたり握ったり変化をもたせることが可能です。
その際、やけどにご注意ください。強く曲げると破損する可能性があります。中に気泡が入っている場合はパテ等で埋めていただきますようお願いいたします。

●完成見本のボディと羽の接合は本体・羽側それぞれに4㎜のダボを2箇所あけて、4㎜のアルミ線で接合しています。
接合後パテ等で隙間を補強して下さい。

●羽模様のモールドは浅く彫ってあります。
ヤスリ等を強くかけると消えてしまいますのでご注意下さい。






◆塗装編◆


モスラの塗装について、いくつか質問をいただいたのでこちらに完成見本での方法を記載したいと思います。

完成見本での塗装はサフレスで、羽は主にエアブラシ塗装。毛等ふわふわした部分は筆塗りです。

白色部分は無塗装でアイボリーキャスト色のままです。
(経年劣化でキャスト色も変わるかと思いますが筆で白色を足せる部分なのでアイボリー色を生かしています)



まず、羽塗装はマスキングをして塗装しての繰り返しになるのでマスキング材で塗装が剥がれてしまわないようよーく洗浄をしていただくことをおすすめします。




下の画像のようにマスキングテープ、曲線マスキングテープ、練り消しゴムを使いました。
練り消しゴムは美術用で使われているものを使いました。即日発送をしてくださるネット通販で買いました。



毛の部分はどうしてもマスキングテープが浮いてしまいます。
羽と毛のキワを練り消しゴムでカバーします。
画像では練り消しゴムが見えませんがこのようなキワの部分をカバーします。



マスキングゾルですと毛の奥までいってしまって、剥がすときがとても大変になってしまいます、、

ですが練り消しゴムは毛の奥までいってしまってもまとめた練り消しゴムでペタペタ押し付けるとくっついて剥がれるので便利です。







羽模様はうっすら彫ってあります。

羽模様のマスキングは【透明マスキングシート】を使いました!
羽根模様にベターっと透明マスキングシートを貼り付けます。

透明なので羽の模様が見えます。
それにそってデザインナイフ等の刃物で優しくカットしていきます。

模様が見にくい場合は爪楊枝などを模様に軽くあてて模様を見やすくすると良いかもしれません。



羽のグラデーションを塗装するのにマスキングを何回か重ねます。
重ねるごとにせっかく塗装した塗装面がマスキングの粘着力で剥がれないようマスキング材の粘着力は肌に当ててみたり様子を見ながら注意して見て下さい。







塗装を失敗したら溶剤で落とす!…のですが、画像のような毛のふわふわしたところは細かい形状になっているので強い溶剤ではキットが溶けてしまう可能性があります。

またマスキングゾルを剥がしにくいのも画像のようなところです。ご注意下さい。






羽のグラデーション部分の明るいグリーン色ですが、【みるきぃぱすてるカラーセット グリーンver】の【マスカットグリーン】をベースに調色して使っています。

前に美少女ガレージキットを塗装するときに購入したのですがセットの4色とも可愛くてきれいなのでお気に入りです(*´-`*)




ふわふわ毛の部分の筆塗り塗装は水彩画のようなイメージで少しずつ、様子を見ながら塗装していきました。



以上、新モスラ(モスラ・レオ)キットの取説追記でした。

よろしくお願い致します( ˘ω˘ )

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。